「徒歩〇分」って本当?

不動産広告の交通機関の欄には、駅やバス停から「徒歩〇分」などとよく記載されています。では、実際に歩いてみて、この時間でその駅やバス停に本当に到着するのでしょうか?おそらくほとんどの場合、もっと時間がかかるのではないかと思います。じゃあなぜ実際に要する時間よりも短い時間で表示されているのでしょう。

実は「不動産の表示に関する公正競争規約[注釈1]」という不動産業界団体の自主ルールがあり、そこに以下のような規定があります。

[ 各種施設までの距離または所要時間 ]

  1. 団地と駅その他の施設との間の距離又は所要時間は、原則としてそれぞれの施設ごとにその施設から最も近い当該団地内の地点を起点又は着点として算出した数値を表示すること。
  2. 徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。この場合において、1分未満の端数が生じたときは1分として算出すること。

つまり、対象物件と駅その他の施設との間の距離や徒歩による所要時間は、最短ルートで、かつ道路距離(直線距離ではない)80メートルにつき1分で算出されているわけです。

一般的な大人の歩く速さは平均で時速4kmと言われており、1分間で約67m進む計算になります。1分間で80mは時速4.8kmですから少し早歩き程度といったところでしょうか。どこかの資料では1分80mは女性がハイヒールを履いて歩いた時の速度と書いてあるのを見たことがありますが、私からすればそれは現実的ではないように思えます。

上記の方法で算出された徒歩所要時間には、信号・踏切による待ち時間や上り坂・下り坂による歩くスピードの減速は加味されていません。これが実測との差が出てくる一番の要因と思われます。

また、徒歩所要時間を算出するとき、起点・着点になるのは、マンションなどの物件の場合は敷地の出入り口、地下鉄などの場合は駅の出入り口、スーパーなどの場合は敷地の出入り口です。ですから、自分の部屋の玄関から敷地出入り口までが遠かったり、建物にエレベーターがあったり、地下鉄の出入り口から改札口まで距離がある場合には、その分さらに時間がかかります。

以上のようなことから、実際に歩いて測ってみたら、物件資料に記載されている所要時間「徒歩〇分」より時間がかかったということが起こるわけです。もちろん、実際に歩いていろいろな道路条件などを加味してほぼ正確な時間を計測して表示している不動産会社もあるでしょうが、多くは住宅地図などで道路距離を測って、80メートルにつき1分で計算して所要時間を出していることでしょう。

余談ですが、利用されている方も結構いらっしゃると思いますが、Googleマップでも出発地と目的地を入力して、すぐに距離と所要時間を調べられます。ここで表示された所要時間は、信号・坂道などの諸条件を考慮して、実際に歩いたときと出来るだけ近い値が出るようにしてるそうです。物件資料に記載されている所要時間とどのくらい違うかを比べてみるのも面白いかもしれませんね。

注釈

1.^ 不動産公正取引協議会連合会が表示について定めた不動産取引に関する自主ルール。不当な景品類や表示による顧客の誘引を防止して公正な競争を確保し、一般消費者の利益を保護することを目的として定められた不当景品類及び不当表示防止法では、事業者又は事業者団体が景品類や表示に関する事項について自主ルールを定めることができるとしている。